まだまだ、だいぶ先のことだと思いますが、新入生歓迎会で何をしてみたいのか記事を書いてみようかと思います。

 

1、小説の書き方や、イラストの描き方講座を定期的に行う。

これは、今年先輩方も行っていましたが、即興でやっているという感じがあったのでもっと具体的かつ、事前に準備をして計画的にしておくべきかなと思いました。

その内容は、スライドを作るもしくは模造紙にまとめ、講習会を行ったあとに実際にやっている所を見せ、新入生にも実践して貰う。実践したのをあとで持ってきてもらい添削する。この流れを行います。これを物書き、絵師の志望に関係なく両方聞いてもらい、あとで小説や、イラストをかきたくなっても対応できるようにしておく。

このメリットは、報道部や、小説を書くこと、イラストを描くことに興味がある人がよく集まります。そして、報道部に入ったときにスキルが身につき、スムーズに原稿を書くことができます。デメリットは、興味がない人をひきつけることができないことと、私たちが教えれれるレベルまで成長する必要がありあす。

ということで、私たちは文章力と画力と説明力を上げる必要があります。ということで、新刊までに小説、イラストについて語る時間がほしいなと思っています。みんなでアイディアを出す、高めあう時間がほしいです。

2、新入生歓迎号にアンケートをつける。そしてそれを次回の

千里高校にはいって何がしたいか、千里高校の何に惹かれたのか、何が楽しみか、何について知りたいか、不便なことはないか、などのアンケートを取り、次回の新入生歓迎号や次からのINSに生かす。例えば新入生の興味のあることについてコラムを書く。また、集計結果を次の五月号あたりに掲載する、なにかまとめた紙を貼ることをし、INSを多くの人に手にとってもらうようにする。

メリットは、アンケートが集まればよい結果が得られる。デメリットはアンケートが集まらなければ何もできない。

ということで、やることは多くの人にアンケートに答えて貰える方法を考えることだとおもいます。

今思いつくアイディアは残念ながら私の馬鹿な脳みそではこれだけです。これからも少しずつ新入生歓迎会について考えて行きたいなと思います。

 

 

 

投稿者: 30

2年。最近はマギにはまってる。【お絵かきъака】\_(・ω・`)ココ重要! ジャーファルさんと白龍とアリババくんと明にーとユナン様とウーゴくんください。