緊縮財政を余儀なくされている英国海軍が、インヴィンシブル級空母「イラストリアス」の買い手を探しています。イギリス国防省によると、企業や慈善団体、財団などからの入札を受け付けるそうです。イギリス国籍を持っていなくても入札することはできますが、空母艦体の全部もしくは一部を歴史遺産としてイギリス国内に残すことが条件となっています。

イギリスが、軍備を削減しなければならないほど財政が厳しい状態になっているとは知りませんでしたが、それにしても国土の防衛などに用いられる空母を一般人や民間企業に売却できるとは驚きです。

イギリス海軍は現在、2017年の就役を目指して、空母2隻を新たに建造しています。買い手が見つかってイラストリアスが退役した場合は、一時空母がないという状態になります。イギリスの軍事力や防衛力が少なからず落ちてしまう時期があるというのは、少し心配ですね。

緊縮財政の英海軍、空母「イラストリアス」の買い手募る

イラストリアス(上写真)はイギリス海軍を代表するシンボルの1つで、32年間にも及ぶ就役期間中には湾岸戦争の際に兵士などの輸送任務にあたったほか、シエラレオネからイギリス人が脱出する際にも活躍したそうです。

イラストリアスの空母としての役割はもうすぐ終わりますが、これからもイギリス海軍のシンボルとして、買い取られても多くの一般の人が見られるようになればよいなと感じました。

参考記事は[ilink url=”http://jp.reuters.com/article/newsOne/idJPTYE99F03K20131016″%5Dこちら%5B/ilink%5D

投稿者: 波助

高2になった47期生、波助です。携帯のメール受信音が「ふなっしーだなっしぃ~!」になっているのはあまり知られてはいけないことです、はい。ポケモンって楽しいっすね。もっと強くなりたいなあ。でも毎日が忙しすぎて最近やれてないなあ…。そして小説もがんばろっ…。