学校の先生が生徒達に向けて、学校の教室に貼ったとあるメニューがネットで話題になっています。

(この記事の元ネタはこちら)

それがこちら!

20131019-224042.jpg

その内容はどういうことかというと、
オープンハウス・メニュー
・両親に「君がいい子だ」と伝える 1ドル
・両親に「君が無遅刻でいい子だ」と伝える 2ドル
・両親に「他の生徒がみんな君みたいだったらよかったのに」と伝える 5ドル
・両親に「自分の息子が君のように育ってくれることを望んでいる」と伝える 7ドル
・両親に「ぜひ君を養子にしたい」と伝える 10ドル

なにこれ!?という方が多いのではないでしょうか?
オープンデーという言葉自体日本人に馴染みがないと思いますし、さらには料金?

欧米には、「オープンデー」や「オープンハウス」といった、親が学校での子供たちの様子や態度を見るための行事があるそうです。
日本でいう授業参観みたいなものですね。

そうです。
そのオープンデーの前に、生徒達が先生を買収するメニューなのです!
これをオープンデーの前に先生が教室に貼り出すそうなのですが・・・普通ありえませんよね。
うちの学校の先生が見たら、激怒しそうなメニューです。

ジョークにしてはタチが悪すぎますし、親に対しても、普段真面目な生徒達にも失礼ですね。

このメニューへの海外掲示板での反応は、というと
●中学で教えているうちの父は、生徒に向かって「オープン・ハウスに両親が来ない生徒には得点を与える」と言ってるらしい。

●↑それはきっといい学校に勤めていて、ほぼ全員の両親が来るんだろう。いいことだが先生にとっては地獄だからな。

●「あなたの息子さんはとてもいい子で、ぜひ養子にしたいと思ってます!」
 「いいですよ。彼はもうあなたの養子です。ではごきげんよう」
 「……なんてこった」

●3つ目のがよくわからない。

●50セントだったら何を得られるんだい?

●この先生が、教室の諸費用に寄付を使うと信じたい。

●自分の子供が教室ではどんなにいい子かという概念を、すっかり台無しにしてくれた。

確かに先生にとって、生徒達の親の前で授業をするとなるとかなり緊張することだと思いますが、来ない生徒に点数を与えるというのは不公平にもほどがあるのではないでしょうか・・・

買収のメニューの値段自体は、子供のお小遣いでも払えそうな金額ですが、実際に利用する生徒はいるのでしょうか?
でも、貼っているということは、買う生徒がいるということですよね・・・
信じられません。

CENLI的には慌てて、オープンデーの前に先生にお金を払ってこんなことを言ってもらうなら普段から真面目にしておけという感じですね。
買う生徒がいるから教師もこのようなことを考えるのですよ、きっと。
負の連鎖ですね。腐ってます。
皆さんはこのメニューをどのように見て、どのように感じましたか?

投稿者: CENLI

2015/3/4:卒業 絵師と物書きをしています。HUNTER×HUNTER狂です。木戸つぼみちゃんと付き合いたい、切実に。なぜか部長職についている役たたず。