私が子供のころに読んだ絵本で、たいへん奇妙な話ばかりの絵本。
怖かったんですよねえ、これが。

と言うわけで、今回紹介するのは、「いやいやえん」(中川李枝子作、大村百合子絵)です
i1福音館書店

 

○作者について

中川李枝子(1935~)

1962年、「いやいやえん」でサンケイ児童出版文化賞、野間児童文学推奨作品賞を受賞。

山脇百合子(旧姓大村)と組み、「ぐりとぐら」「ももいろのきりん」などを発表。

作詞家としても有名で、「となりのととろ」のオープニングテーマ、「さんぽ」の作詞を手掛ける。

 

山脇百合子(1941~)

1967年、「ぐりとぐらのおきゃくさま」で厚生労働大臣賞受賞。

2013年、菊池寛賞受賞。

英文学者でもある。

中川李枝子は実姉。

 

 

○作品について

1959年、同人誌「いたどり」にて発表。

1962年、福音館書店より出版。

ちゅーりっぷほいくえんに通う「しげる」を主人公とした 連作短編集

収録作:ちゅーりっぷほいくえん/くじらとり/ちこちゃん/やまのこぐちゃん/おおかみ/やまのぼり/いやいやえん

 

○あらすじ

・ちゅーりっぷほいくえん

ちゅーりっぷほいくえんには70もの約束がある。

それなのに、しげるは今日も17の約束を破ってしまい―。

 

・くじらとり

ちゅーりっぷほいくえんのほしぐみさんは、積み木で船を作り、くじらとりにでかけた。

なんとかしてくじらを捕まえたものの、事態は急変―。

 

・ちこちゃん

机に上って怒られたしげるは、「ちこちゃんもやってたもん」と主張。

すると、なんでもかんでもちこちゃんの真似をしなくてはならなくなって―。

 

・やまのこぐちゃん

今日からほいくえんにくる、新しい友達、「やまのこぐ」

しかし、こぐちゃんはただのお友達ではなかった。

 

・おおかみ

原っぱで寝ていたおおかみは、泥だらけのしげるをみて、食べたいと思った。

しかし、泥だらけを食べるのは嫌なので、お湯を沸かしにお家へ帰っている間に―。

 

・やまのぼり

きょうはほいくえんの皆でやまのぼり。

5つの山があって、一つ目にはリンゴが、二つ目にはばななが、三つ目にはみかんが、五つ目にはももがなっている。

四つ目の山は「くろいやま」で、先生の約束を破ったしげるはそこへ入ってしまい―。

 

・いやいやえん

何でもかんでも「いやいや」というしげるは、「いやいやえん」へ連れて行かれてしまう。

そこは、嫌なことは何もしなくていいが、乱暴者のMちゃんがいて―。

 

○感想

子供のころによんで、恐ろしいと思ったことは覚えている。

今本をもう一度読んでみたのだが、やっぱり少し恐ろしさを感じる。

なぜなのか、考えてみたが、どうしてももやもやしてしまう。

物語はどれも、少なくともバッドエンドではないはずなのに、何かが頭に引っかかっている。

きっとその恐ろしさこそが、この物語がつたえたい「教訓」なんだろうな、とうっすらと思った。

本能的に感じる恐怖、それはだから、「やってはいけないこと」なのだ。

物語の突飛な部分も、その教訓を強調するため。

こうやって、子供は教訓を学んでいくんだなあ、と思った絵本でした。

 

それから、恐ろしさの原因の一つは、たぶん「赤チン」にあったんだと思う。

「赤チン」まみれのしげるの絵が、なんだ得体のしれない者に見えてしまっていたのだろう。

だいたい「赤チン」なんて使わないしね、何か分からないものは恐ろしいですものね。

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「【いやいやえん】日本文学(?)奇書に挑戦!【番外編Ⅱ】」への2件の返信

  1. ちなみに、自分の好きな絵本は「そらまめくん」と「友達屋」です

  2. ぐりとぐらの人たちって姉妹だったのね!!
    いやいやえんは、表紙真っ赤っ赤でおそろしくて手出してなかったわ……今度図書館にあったら読もうかなー

コメントは受け付けていません。