お正月熱も覚めてきた頃、私は徳島をひた走ってました。
目的は、渦潮を見ることと、徳島ラーメンを食べること。

11時30分ごろ、目的地の徳島ラーメン店へ到着

20140109-162056.jpg
……って中華そば店じゃないか!徳島ラーメンは?
疑問に思いながら、店内へ。
円形のカウンターが二つならんだ、至ってシンプルな作り。
メニューは「中華そば」のみ。
オプションで中盛り、大盛りあり。さらに肉のせも可
私は中盛り肉のせを選択。
席に座り、店内を見回してみると、たくさんのサインが。槇原敬之とか、COWCOWなど。有名店だったんだなあ。
ひときわ目立つサインが、中央の柱にかけてあった。何気無くみると、なんと、あの安倍総理のサイン!ひええ、有名店すぎる!
ラーメンは、こんな感じ。

20140109-162638.jpg
スープが美味しい。麺は太め。
醤油ベースで、こってりしてました。美味しかった。

ラーメンを食べ終えて、鳴門へ向かう。
目的は、渦潮を見るため。というわけで、大型船「わんだーなると」にのって海へgo!

20140109-162912.jpg

鳴門の渦潮は、瀬戸内海側の紀伊水道と、黒潮がぶつかってできるもの。
渦は六時間ごとに向きが反転。渦のピークは、反転の前後一時間ごろ。

船は鳴門海峡大橋のしたへ。

20140109-163204.jpg

うみは、波が立っているところと全く立っていないところがあります。

20140109-163255.jpg

ちょうど橋のしたにくると、渦潮がちらほら。

20140109-163340.jpg

20140109-163358.jpg
ピーク時じゃなかったので、渦が小さい。けれど、しっかり巻いてました。

海には帆船も

20140109-163517.jpg
海賊船みたい。

海を満喫して、帰ってきました。

徳島といえば阿波踊り。こんなポスターを見かけました。

20140109-163646.jpg
すごい絵!大掛かりですねえ。

徳島は、涼しいいいところでした。

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「鳴門の渦潮ツアー+ラーメンin徳島」への4件の返信

  1. 阿波踊りのひょっとこって何をイメージしているのか

  2. 「ひょっとこ」って何回も繰り返して唱えてるとゲシュタルト崩壊を起こしがち。

  3. 最後のポスター俺も見たわぁ。徳島だもんなぁ。ジュードとミラいいなぁ。

  4. 徳島ラーメンは茶・黄・白の3系統あるそうですよ。
    いのたにもいいけど、北島町にあるお店群もウマい。

コメントは受け付けていません。