それは一つの事故から始まった。
「御社のタイヤは、空を飛ぶのか?」
中小企業が、大手自動車会社を相手取って戦いを始める!
 
 
今回紹介するのは「空飛ぶタイヤ」(池井戸潤著)です
埋め込み画像 1

http://bookclub.kodansha.co.jp/png/52/276452-1.png

 
 
○作者について
 池井戸潤(1963~)
 
 
○作品について
 2006年、実業之日本社より出版
 2009年、講談社文庫より出版
 
 
○あらすじ
 「赤松運送」は、ただの中小企業だった。ある事故が起こるまでは。
 走行中のトラックから、タイヤが外れ、歩道の親子を直撃。
 母親の命を奪ってしまい、警察から捜査が入る。
 事故の原因は、「赤松運送の整備不良」
 しかし、社長の赤松は、その原因に不満を抱く。
 すべては、トラックの製造元、「ホープ自動車」の欠陥だ、そう信じた赤松は、果敢に大企業に立ち向かっていく。
 銀行からも冷たい目線を浴びせられながら、徐々に「ホープ自動車」の闇へ迫る!
 最後に笑うのは、どっちだ?
 
 
○感想
 社会はビジネスライクで回っている、そう感じさせられた作品だった。
 一度転落したらもう戻れない中小企業の厳しさ、グループ企業の強み。
 弱肉強食の世界で、生き残るのは大変である。
 池井戸さんの、銀行の描写は真に迫るところがあり、さすがだな、と思わせるほどの手腕。
 この社会を斜めにぶった切るような、そんな意志が感じられる。
 正しいことが通るとは限らない。闇を抱えていても、大企業は威張る。
 また、この小説は、社会派小説でもありながら群像劇でもある。
 一つの事故を巡って、中小企業の社長、銀行員、ホープ自動車の係長、週刊誌の記者、などなどがそれぞれ動いている。
 その何本もの糸が絡まったりほどけたり、そして最後に一本にまとまる感覚がまたたまらない。
 最後まで一気に読みたくなってしまう、そんな作品だった。

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「【空飛ぶタイヤ】日本文学奇書に挑戦!【第四十四回】」への2件の返信

  1. 半沢直樹の原作の人だ!銀行の描写、細かすぎるぐらいだよね。

コメントは受け付けていません。