走れメロスと言えば、太宰治の名作。

講談社 青い鳥文庫
講談社 青い鳥文庫

 

シクラスの街でのんびりと過ごすメロスは、ある日、残虐な王様の事を耳にする。

王様に抗議に行ったメロスは、とらえられ、処刑されることに決まる。

しかし、メロスの妹の結婚式が、二日後に迫っていた。

そこで、友人のセリヌンティウスを人質に差し出し、「3日後に帰ってくる。もし間に合わなかったら友人を殺せ」と言い放ったメロスは、妹のもとに駆け出すのであった―。

 

太宰にしてはエンタメ感のある作品です。

 

そして今回、一般財団法人 理数教育研究所が主催した、「算数、数学の自由研究」に見事入賞した研究が、この「走れメロス」についての研究なのです。

題名は、「メロスの全力を検証」(PDF版

愛知県 愛知教育大付属岡崎中学校の2年生の作品です。

本文の記述から、メロスがどのくらい速く走ったのかを、検証しています。

 

その結果が、こちら

 

一日目:「満点の星の深夜出発」(0:00AMと仮定) 十里の道を進む

「到着したのは午前、村人たちは仕事を始めていた」(10:00と仮定)

つまり、平均時速 39km÷10時間=3.9km/時(大人の平均歩行時速)

 

二日目:結婚式→寝る

 

三日目:「目が覚めたのはあくる日の薄明頃」(夜明け前、4:00と仮定) 用意をする(30分)

「全過程の半ばに到達」「太陽もすでに真昼時」→12:00までには20kmを進む       ↓

平均時速:20km÷7.5時間=2.7km/時

橋のない川を強行突破「日は既に西に傾きかけていた」(13:00と仮定)

山賊に襲われる(30分のタイムロス)

日没直後、シクラスの刑場へ滑り込む(19:00と仮定)

 

まとめると、こうだ

h1

普通に歩いている。最後、メロスは死力を尽くして走りますが、時速5.3km。早歩きだ。

この事実に対して、本人は、「『走れメロス』ではなく『走れよメロス』だと思った」と述べています。

 

精密な研究素晴らしい。まさかメロスが歩いていたなんて……。

しかし、このメロスの頑張り(たとえ歩いていたとしても)を臨場感たっぷりに描く太宰先生の筆力には感服。

小説を科学的視点から見てみると、また新たな面白さが発見できるかもしれませんね。

 

参考:ねとらぼ

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「「走れメロス」→「走れよメロス」 中学生の自由研究が秀逸」への3件の返信

  1. 昔の人は歩幅が狭かったんだよきっとおそらく……

  2. きっ、きっと距離の感覚が曖昧だったんですよ・・・きっと

  3. 太宰の名声はこんなことで傷つくはずがない!

コメントは受け付けていません。