k1

 

by Moyan Brenn

 

目が覚めたら、そこは名も知らぬ草原。

手元には、一つの携帯ゲーム機、そして少しばかりの食料と水。

目的も何も分からないまま、命をかけたサバイバルゲームが開戦する―。

 

今回紹介するのは、「クリムゾンの迷宮」(貴志祐介著)です。

 

○作者について

貴志祐介(1959~)

大阪府出身。既婚。

1996年、『ISOLA』で第3回日本ホラー小説大賞長編佳作賞を受賞。デビュー。

1997年、『黒い家』で第四回日本ホラー小説大賞長編大賞を受賞。

2005年、『硝子のハンマー』で第五十八回日本推理小説協会賞を受賞。

2008年、『新世界より』で第二十九回日本SF大賞受賞。

2010年、『悪の経典』で第一回山田風太郎賞受賞。直木賞候補

 

『黒い家』や、『悪の経典』が映画化された際、自身も出演している。

 

○作品について

1999年、角川ホラー文庫より出版

2003年、角川書店より出版

 

○あらすじ

目が覚めたら、そこは見知らぬ草原だった。

しがない中年の藤木は、手もとの携帯ゲーム機にあるメッセージが映し出されていることに気がつく。

「火星の迷宮にようこそ。ゲームは開始された」

深紅の岩が突出する異様な光景の中、携帯ゲーム機のメッセージに従い「第一チェックポイント」なるものにたどり着く。

そこにいたのは、八人の人間。まさしく、彼らはゲームの参加者。

「食料」「サバイバルに必要なモノ」「護身用具」「情報」。四本の分かれ道の先で、得られるものはただ一つだけ。

藤木は、補聴器をつけた藍と名乗る女性とコンビを組み、「情報」を得られる道へと分け入って行った。

そして、ここで運命が分かれる。

前代未聞のサバイバルゲームが開始され、生き残りが一人になるまで、ゲームは続けられる。

「食屍鬼」に捕らえられることなく、藤木は、藍は、無事にこの「火星の迷宮」を抜けられるのか―。

 

○感想

私は、結構こう言った「サバイバルゲーム」とか「バトルロワイヤル」みたいな小説を好む。

米澤穂信氏の『インシテミル』とか、藤ダリオ氏の『出口なし』など。

この『クリムゾンの迷宮』の迷宮を手に取ったのも、そう言った理由からなのだけれど。

序盤、よくある展開が続き、そんなに恐怖は感じなかった。

しかし、中盤に差し掛かってくると、今まで呼んだ「サバゲー的小説」とは全く違った雰囲気になってくる。

まさに本物の「サバイバル」というか、リアルな描写がまた恐怖をあおる。

そして、ゲームの主催者の鬼畜感がにじみ出ていて、読んでいて頭が熱くなってくるというか。

興奮しすぎて、途中でやめられなくなってしまう。

そして、終盤のいやにあっけない終わり方。

嫌な粘っこい糸が引いている感じと、謎が謎のままで終わる気持ち悪さと、読後感は正直よくはない。

けれども、序盤から中盤、そして終盤にかけての疾走感が、この本に病みつきになる要素なのだろう。

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「【クリムゾンの迷宮】日本文学奇書に挑戦!【第四十八回】」への1件の返信

  1. > 『悪の経典』が映画化された際、自身も出演している
    まじか!!
    作者からして嫌な予感しかしないけど読みたいなあー

コメントは受け付けていません。