相棒の右京さんも、米沢さんも、実は落語が大好き。
そういうわけ(どういうわけ?)で、私も落語を聞きに行ってきました。

たどり着いたのは、大阪市北区にある、「天満天神繁昌亭

上方落語協会会長の、桂文枝さんが開いた、この天満天神繁昌亭。

朝の席と昼の席と夜の席があり、落語はもちろん、漫才、紙切り、マジックなども取り行われます。

 

入口には、今日の昼席の出演者の名前が掲げられていました。

IMG_1896

 

席順は、右から左です。

 

繁昌亭のすぐ横には、立派な柳が立っていました。

IMG_1904

 

 

劇場内は、完全自由席。

チケットに書かれた整理券順に入場し、空いている好きな席に座ることができます。

一階席と、二階席がありますが、劇場は結構せまく、舞台が近くに見えます。

舞台の幕
舞台の幕

 

舞台の天井には、立派な提灯が。

IMG_1907

 

お客さんは、年配の方が多かったですが、若いお兄さんや、小学生ぐらいの女の子もいました。

 

演目は、一人20分ぐらいです。

上方落語の方もいれば、江戸落語の方もいます。

自分は落語を聞くのが初めてでしたが、それでもとっつきやすく、かなり笑えます。

登場人物の軽快なやり取りとか、落語家さんの体の動きとかを見ると、結構興味深かったです。

落語ではなく、「紙切り」で目を引く方もいました。

これは、一枚の何も書かれていない紙から、いろいろな形を切りぬくというもの。

芸者さんの立ち姿や、お花見の様子や、はたまた人の横顔まで。

本当に何も書いていないし、失敗も許されないのに、それでも話で笑いを取りながら切るというのは、中々の圧巻でした。

それから、ちょっとしたマジックも見せてくれます。

この方は、マジックというより、話で笑いを取ってましたね。

さすが大阪、なんて思いました。

 

三時間という長い席でしたが、全然眠くもならず、終始笑いっぱなしでした。

帰りには、出入り口に赤い人力車が。

IMG_1908

 

 

そして、隣にある大阪天満宮へ。

丁度梅が咲いているころだったので、梅の写真ばかりをパチリ。

 

天満宮では、丁度お宮参りと、結婚式が取り行われていました。

絵馬の奉納所には、「○○大学に合格したい!」とか、「○○高校合格しました!」みたいな文句がずらり。

その中に、「千里高校合格しました」と書いている絵馬がありました。嬉しいですね。

 

神頼みって、有効なんですかね……と、神は信じていないけどキリスト教大好きな狼蘭がお送りしました。

 

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「【落語と】天満天神繁昌亭&大阪天満宮梅めぐりに行ってきた【花見】」への1件の返信

  1. 米沢さんみたく、右京さんも着メロを落語に設定すればいいのにねえ。 

コメントは受け付けていません。