昨日が一般公開日だった「第9回 千里フェスタ」。一昨日もそうでしたが、昨日も素晴らしい発表がたくさんありました。

そんななか、波助が昨日聞いてきたのは「変わりゆく戦争」と「日韓対立の激化」という社会的な問題を取り扱った発表です。

「変わりゆく戦争」の発表では、20世紀から現在までを4つに区切って、戦争の在り方が変わっていることを分かりやすく説明されていました。
最近では「無人戦闘機」が開発され、将来的には無人機同士での戦争になるとかならないとか…。訳がわかりませんね。

在り方がどう変わっていくにしろ、一日でも早く戦争がない平和な世界になってほしいなあと改めて感じました。

「日韓対立の激化」では、日本と韓国の間にある政治的、社会的な深い対立について紹介されていました。
「竹島問題」や「従軍慰安婦問題」などを客観的な視点から取り扱っていて、韓国の反日的な姿勢に根拠がないこと、事実ではないことを延べていることが分かりました。

また、マスメディアでは報道されてない事実も紹介されていて、個人的にはとても勉強になった発表でした。

昨日の発表を見て、波助も来年こんな感じで探究活動をして、発表するんだなあ、としみじみ思いました。

最後になりましたが、昨日千里フェスタにお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。来年の「第10回 千里フェスタ」にもお越しいただけたら幸いです。

※ 余談ですが、個人的には、スチューデントレポーターがうらやましかったです。あの名札がないと写真を撮ろうにも撮れない…。

投稿者: 波助

高2になった47期生、波助です。携帯のメール受信音が「ふなっしーだなっしぃ~!」になっているのはあまり知られてはいけないことです、はい。ポケモンって楽しいっすね。もっと強くなりたいなあ。でも毎日が忙しすぎて最近やれてないなあ…。そして小説もがんばろっ…。

「【千里フェスタ】2年・探究「変わりゆく戦争」「日韓対立の激化」」への2件の返信

  1. いっそ「報道部」の名札か腕章をつければ正々堂々と撮影できるのではないだろうか。

コメントは受け付けていません。