Financial injection

 

 

東京女子医大病院が、変死した2歳の男児について、変死した4日後に警視庁へ事故として届を出していたことが分かった。

男児はその間に火葬しており、司法解剖が出来なかった。

 

病院は、2月18日、男児の首を手術し、気道に呼吸用の管を通した状態で経過を観察していた。

男児が動いて管が抜けないよう、鎮静剤を処方。

この鎮静剤はICUでの小児への投与は禁止されていたが、成人の2.5倍の量を投与し続けていた。

男児は21日に容体が急変、その後死亡。

鎮静剤が原因で急性循環不全に至った可能性があるという。

遺体は24日に火葬された。

病院は、25日に警察へ届けをだしていた。

 

通常、病院には異状死かの24時間以内の届け出を義務づけている。

警察は、業務上過失致死の疑いで病院を捜査しているが、司法解剖が出来ないことが大きな障害となっているという。

 

司法解剖に出せないというのは結構痛いですね。

司法解剖で、分かることは多いですから。

こういった事件は、不注意では済まされませんね。

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い

「手術中急死した二歳児を火葬してしまい司法解剖できず」への1件の返信

  1. 事件といえば事件だけど、
    医者は悪意をもってやってる訳じゃないし、難しいとこやね。

コメントは受け付けていません。