「嘘を吐く」を「嘘を付く」と書いちゃう

これはよくしてしまいます。間違っていたのか……

目にとめて認識することは「見る」
世話をするときは「看る」
診察するときは「診る」
注意して見る、しっかり目で見る場合は「視る」
ざっと目を通すときは「覧る」
見物するときは「観る」
よく観察して調べるときは「察る」

「みる」という単語にはいろんな意味がありますね。使い分けが難しい。しかも初めて見るのもいくつか……

・「こんにちは」を「こんにちわ」

・ら抜き言葉

こうやってみると結構間違った使い方をしているものですね。これを機に少しずつでも直していきましょう。

 

参考サイト:http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4666102.html

アイキャッチ画像:http://illpop.com/school_a01.htm

投稿者: ニーズル

47期生総合科学科です。 最近、東京喰種にはまった。 進撃の巨人の今後の展開には期待している。

「知らないと恥ずかしい日本語の使い方」への5件の返信

  1. 始めて見る→初めて見る、修正お願いします

    嘘を付くって間違ってたんか・・・単に表現の違いかと思ってた。

  2. ×:おこずかい
    ○:おこづかい

    とかもあるよねー。昔のお小遣い帳にそう書いてたわ(笑)

  3. 修正しました
    「覧る」と「察る」は予測変換でも出てこない

  4. 「覧る」→回覧・総覧の覧やね。しかしぱっと見「らんる」としか読めない。
    「察る」はATOKでも出てこないな。

  5. 「追求」と「追及」と「追究」も結構むずかしい。
    いつも「嘘を吐く」を「うそをはく」と呼んでしまう私。

コメントは受け付けていません。