2777932633_d0d19a5323_z

by Will Foster

先日世界26ヵ国・地域(計1万8219人、内日本は751人)で行われた正社員のキャリアへの意識を調査した結果が公表されました。そのうちの一つの「現職にやりがいを感じているか」という質問に対し、日本人の77%が「やりがいを感じている」と答え、「感じていない」と答えたのは10%に上った。全ヵ所の中ではやりがいを感じていると答えた割合は最も低く、やりがいを感じていないと答えた割合は最も高い、といった最悪の結果に。

調査された国・地域で1番「やりがいを感じている」の割合が高かったのはインド95%となりました。2位は94%と僅差でマレーシア。

原因としては日本人特有の控えめさがバッチリ発揮されているのでは? ということが挙げられている。要するに自分の実現したいことを口に出せずにやりがいを感じてることができていないのではないか、ということ。

自分としては正直77%っていうのは想像してたより全然大きい数字でした。特に自嘲気味な人の多めな我々ジャパニーズがですよ。8割っていうのは結構皆やる気に満ち溢れてるような数字に見えますけど違うんでしょうか。日頃から土下座とかいうジャパニーズ珍行動をテレビだの漫画だので茶化したやつをみてるから社会には変なイメージが結構こびりついてます。すいません許してください、なんでもしますから


≪参考≫毎日新聞

投稿者: オリン

人類皆野獣先輩説支持者