この度40期生の先輩方が卒業5年記念の冊子を作るということで、報道部で同時期に活動していたよしみで投稿のお誘いをいただきました。
原稿、卒業してからまともに描いてなかったので、実に3年ぶりにイラストというものを描きました。ひいひい。

下書き。チョーシに乗ってスケブ紙を使いました。久々に絵を描く作業にがくぶるしていたので紙をB6サイズに切っています。
(紙INSの原稿サイズはB5で、今回の記念冊子もB5とのこと)
右の子の何もなさがかわいそうだなあと思いながらガリガリ。
image

下書きその2。コピー用紙です。左の子の仮清書。
右上でうねうねしている線は、ペン入れ時のインクテスト。インクの出が悪い時はついついそこらへんに転がってる紙をひっつかんで書いてしまいます。
image

B5用紙に写してペン入れ1。左右を逆にしました。なぜなら原稿を紙の裏から透かして見たら恐ろしいバランスの悪さだったので、裏から見てもおかしくないようにバランスを整えていたら、「あれ、これこっち向きの方がよくね?」と思ったため。
手の形が音楽を聴いてる風だったので、ヘッドホンをつけたりイヤホンを持たせたりしてます。
image

ペン入れ2。髪の毛をばさばさっと増やしたり、ほそぼそとした修正。
image

ここで筆箱の中を探りながらあることに気づきました。
「修正ペンがない……!」

私が愛用している修正ペンはこの子です。
image
ZEBRAのケスティックさん。0.5mmボールなので、普通の修正ペンよりも細かいところに手が届く!
急遽買い出しに行きましたとも。スーパーで168円でした。一件落着。イヤホンと手の指が被っているのも直しました。

で、完成画はというと、まだできておりません。〆切?11月末でしたね?先輩方ごめんなさい!ジャンピング土下座!見捨てないでください!
そんなわけで自分を追い詰めるための記事投稿でした。原稿やります。

中編に続く