kagaminです。

今回は真面目に、『世代』について書きます。

あくまでも、私個人の考えで、偏見など混ざっていると思うのですが・・・。

気分を害されるかもしれません・・・。その場合はすいません。

私は以前、『世代』が人・社会に及ぼす影響をテーマにした本を読みました。

私はその本を読み、とても感銘を受け、自分でも考えてみようと思いました。

そして、1ヶ月ほど自分の中で人を観察し、今までの経験を

思い出し、考えてみました。

その結果こうなりました。

人は、幼い頃からの

・教育

・環境

この2つによってその世代ごとの考え方(その考え方の人が割合的に多いということ。)が出来ていくように思います。

たとえば、私には、2つ上の兄がいます。

その兄は、「人は何かを後世に残さないといけない、成果を出さないと楽しくないし意味がない」と言います。

それに対し、私は、「自分が生きてる間楽しかったらそれでいいじゃん、後世に何かを残す?そんなことしても自分は死んでるんだよ?何も得しないじゃん。」という考えです。

まぁこれは極端な例だと思うのですけどね。

「どうせ人間の人生は短いんだから自分で勝手に楽しんでいいだろ」、と私は思います。

まぁそれに対し兄は、「人間の人生は短いんだから、がんばって後世に情報を伝えていかないといけない」という感じなのでしょうが・・・。

兄は、『他人を主に考える』

私は、『自分を主に考える』

もちろんこの2つは平行線で、いつまでも話に終わりがくるはずありません。

これは、私たちの兄弟だけではありません(と私は思う)。

兄と同じ世代の人を観察するとやはり、「楽しむより重んじる」という傾向があります。

それに対し私たちの世代の人を観察すると、「重んじるより楽しむ」傾向にあります。もちろん一概には言えませんが・・・。

これだけでは分かりにくいので、中学校の部活を例にすると、私たちが1年の時は、兄の世代が3年で、とても尊敬できて、積極的に教えてくれる先輩達でした。

そして、3年になってからの私たちは、後輩のことをよく考えず、ほったらかしにしていた先輩だった記憶があります。

私たちは、「自分が楽しむため」に部活に入ったんだから考えてみれば当然です。

私たちの先輩、つまり兄の世代は、もちろん自分が楽しむため、というのもありますが、「後輩に技術を残し、部活の歴史を作って」いました。

人間性、という観点から見ると、兄の世代の方がとても立派で、尊敬すべきです。

ですが、人生を楽しむ、という観点から見ると、私たちの世代のほうが良いと思っています。

たとえ、後世に何も残せず、立派でなくとも。

開き直っている、と思われるかもしれません。

ですが、これが私(私たち・・・?)の考え方なのです。

兄の学年は、「今までで一番よく出来る」とか言われてきました。

私の学年は、「今までで一番出来が悪い」と言われてきました。

この考え方の違いの根本の原因はなんなのでしょうか・・・?

少しずつ調べてみたいと思っています。

まだまだ考えを書き出してみた段階ですので。

長々と書いてきましたが、あくまでも私個人の考えですので・・・。

投稿者: kagamin

千里高校44期OBにして、現在は京都の大学で臨床心理学を勉強している元報道部長。これからはサポートに徹しようと思っていますがコメントはします。 某笑顔動画で自己満足「歌い手」をやったこともあったなぁ。