r1

 

by Jason Bache

 

「狼は絶滅した」

近未来。人はほとんどの時間、家にこもり、モニタと端末を使って他人と会い、他人とかかわる時代。

そんな世界で起きた連続殺人事件は、警察を翻弄し、浸食していく。

狂気に満ちた事件に立ち向かう、四人の少女達の結末とは……?

 

今回紹介するのは、「ルー=ガルー(副題:忌避すべき狼)」(京極夏彦著)です。

r1徳間ノベルス

 

r2講談社ノベルス

 

○作者について

京極夏彦(1963~)

「【第一回】日本文学奇書に挑戦!【姑獲鳥の夏】」の記事をご覧ください

 

 

○作品について

2001年、徳間書店より出版。

2004年、徳間ノベルスより出版。

2009年、講談社ノベルスより出版。

2011年、講談社文庫より出版。

 

 

月刊COMICリュウ」(徳間書店)上で、樋口彰彦により漫画化された。

 

2010年、アニメ映画化

r3

 

 

ルー=ガルー アニメ映画オフィシャルサイト

 

2011年、続編「ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ悪魔」が講談社ノベルスより出版。

 

○あらすじ

2030年、「世界」はモニタの中にしかない薄っぺらい時代。

子供たちは、月に一度、「コミュニケーション研修」の時だけしか、生の他人と話をしない。

そんな世界で、少女連続拉致殺人事件が発生。

行方不明になった少女を探すべく、葉月、歩未、美緒、麗猫(レイミャオ)の四人の少女が動き出す。

警察さえも飲み込んだ、恐ろしい事件の背後にある物は……?

 

○感想

読み終えて、ひとまずため息。単行本で、占めて753ページ。かなりの厚さを、むさぼるように読んだ。

近未来の描写がとてもリアルで、本当にあと五十年もしたらこんな世界になるんでは、と思わせるほど。

そんな近未来に、殺人事件という組み合わせは違和感を覚えるが、これが見事にマッチしていて面白い。

二転三転する展開や、警察内の対立、少女たちの葛藤……などなど、完全に見える世界でも、どこか未熟なところがある。

世界がモニタの中だけにあり、常に監視されている少女たちが、殻を破って敵に立ち向かう様は、感動を覚える。

読み終えた後の壮快感は、何者にも変えられないぐらいの素晴らしさだ。

 

「ルー=ガルー」とは、フランス語で「狼男」の意味。

「インクブス」 (英語ではインキュバス)とは、「夢魔」の男性版。

「スクブス」(英語ではサッキュバス)とは、「夢魔」の女性版。

 

続編も読んだら、紹介しようと思います。

 

 

投稿者: 狼蘭

2015/3/4:卒業 小説を書いてる活字中毒な人。 今一番好きな言葉―「皆、思い込みを信じて自分勝手に生きているだけなんです。なら思い直せば別の世界にいける。過去なんてものは、もうないんです。未来が無いのと同じように」(関口巽) 京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」より 余談:アニメ版関口先生が無駄にイケメンで辛い