前回の大阪大学編はこちらから。チームメンバーとかはそっちで確認してね。
今回攻め込むのはズバリ、龍谷大学。メンバーは琥珀先輩・kagamin先輩・T.K先輩の3人。
22gokan_01_menu

まず最初の突撃先は22号館の食堂。自分でどんどん取っていく方式みたいですね。

22gokan_02_table

中のもぐもぐスペースはこんな感じ。ちょっと洒落てて、綺麗。

22gokan_06_counter
22gokan_07_counter

なんだか真っ白で小奇麗ですね。

22gokan_09_buffet

BUFFETですか、カッコイイ。1g ¥1.3って不思議な図り方ですね、食材の平均取ってとかそんな感じなんですかね。1kg取って¥1300・・・安いですね。

22gokan_10_buffet

こんなところや

22gokan_13_miso

こんなところ、さらには

22gokan_14_rice

こんな自動ごはん盛り付け器を経て出来上がった一皿がこちら。

スライドショーには JavaScript が必要です。

茶碗がかなり大きく見える。比較でハンバーグが超小さく見える。気のせいか?ではではハンバーグレビュー。

ハンバーグ固すぎ、握りすぎ。もっと柔らかくにぎろうよ!
自動ごはん盛り盛りマシーンがすごい。

かたかったけどうまかった。逆に言えばかたくなければ化けていたであろう。ごはん自動盛りは画期的。

なるほど、固く握りすぎて小さくなっちゃったのか・・・。まあなんだか前回のような飯テロにはなりえない子ですね。ごはん盛りマシーンはどれだけ衝撃的だったのか。

3gokan_01_menu

はい、お次は3号館食堂。

3gokan_03_table

食堂内は木の温かみを感じられるいい雰囲気。マイクラで再現できそう。

3gokan_04_pop3gokan_05_pop

ミニメニューがテーブルにチョコっと置いてある。手書きがやっぱなんかツボですね。見切れドヤ顔はなんなんでしょう。

3gokan_07_display

やはり安心のお値段が並ぶメニュー。

3gokan_08_counter

そして注文。

3gokan_09_kitchen

ちなみに厨房はこんな感じ。意外と整ってる・・・のか?

出てきたのは・・・ドン。

スライドショーには JavaScript が必要です。

バターコーンラーメンさん!!!ウマそう。量は並み程度だろうか。

バターうまい。コーンあまい。麺の硬さがとても好み。

バターが溶けたところがやたらうまい。最後に残ったスープの中から大量のコーンが発掘されることになるが致し方ない。

うーん、いいなぁ。バターラーメンは食べたことないからなー、すごい羨ましいですね。

そして次の1品。

スライドショーには JavaScript が必要です。

チーズハヤシオムライス!!!
いいっすね~、ハヤシのルーとかかけるとなんか見た目がかっこよくなりますよね。

学食のオムライスなのに具材がチキン、グリンピース、にんじん、コーンとか多彩すぎ。
450円でこの味・量なら大満足。カルボナーラオムライスも食べたいです。

正直言ってバターコーンラーメンよりうまい。そして某関大の似たようなメニューよりもうまい。

450円・・・!やっぱり学食の魅力は値段とそれを大きく超える味ですね、食べたことないけど。

さらにさらに。

スライドショーには JavaScript が必要です。

突然の写真術のスキルアップ、何があったのか。ようやく飯テロになってきましたね。

石焼カツ丼!!!!!これは期待できますな。

舌やけど不可避。ずっとアツアツで食べられるのはいいね!

舌を犠牲に旨きを感ずる。何かを犠牲にしなければ何も得られないという大切なことを教えてくれる。

なるほど、石焼カツ丼は私たちに大事なことを教えてくれたようだ・・・
それにしても石焼窯(?)ってすごい発明ですよね。料理は温度にかなり左右されますしね。

jurin_01_menu

続いてカフェ樹林へ移動。

jurin_02_menu

うーん、やっぱり学食ではないので値段は少し高めですかね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

ぎゃああぁっぁぁぁああぁぁっぁぁぁぁ・・・
これはヤバイぞ。甘いものには目がなくてですね。
この子はクリームキューブブレットというらしい。かわいらしい子だ。

jurin_10_dessert

大きさ参考にiPod touch(第5世代)でも。さすがiPod、大きさの比較にだって対応できちゃう。ではレビュー。

パンさくさくであつあつ。ソフトクリームが最後の方に溶けててうまー!
おなか空いた時に食べたらちょうどいいかも。大学にあったら毎日通って食べる。でもきな粉はこぼすからもう注文しない。次はブルーベリーかな―。

下にあるパンとアイスクリームが絡み、1+1=2とするには烏滸がましく、1+1=nとおいて極限を取らなければならないほど絶妙にマッチしている。

パンが隠れてたのか・・・これはデブ化不可避。デブはクリームキューブブレットでも食ってろ。

今回はこれくらいで。関西大学編に続く・・・。

サムネ画像 by Cécile Golmard

こちらの記事もどうぞ