h1
by epSos .de

 

毎度毎度高視聴率をたたき出しているドラマ「半沢直樹」

主人公の半沢は銀行員、すなわちバンカー。

曲がったことをたたっ切る姿は、どの世代にも人気だそう。

半沢直樹公式HP

 

この春、日本経済新聞に掲載された人気企業ランキングはこちら

1位 日本生命保険
2位 東京海上日動火災保険
3位 第一生命保険
4位 三菱東京UFJ銀行
5位 三井住友海上火災保険
6位 三菱UFJ信託銀行
7位 みずほファイナンシャルグループ
8位 三井住友銀行
9位 三井住友信託銀行
10位 明治安田生命保険

日本経済新聞調べ)

 

上位3位は保険会社だが、メガバンクは全てランクイン。

もともと、景気回復が見られる年では、金融関係の志望が増えるのだとか。

有名であるのに加えて、親からの支持がいい、景気が回復することで金融市場が盛り上がっている、と感じることが原因。

 

なので、一概に「金融が人気なのは、半沢のせい」とは言いにくいです。

多少は影響があるかもしれませんが、もともと金融関係の志望が多いので。

また、銀行は大量採用を行うので、比較的受かりやすい、というのもあります。

 

けれども、半沢ブームが追い風となり、金融関係の志望が増えることは考えられます。

しかし、ドラマの印象だけで職を決めるのは安易と言うもの。

 

NAVER まとめ 「ホンモノの銀行員から見たドラマ『半沢直樹』の感想が興味深い」

には、「銀行員は(ドラマを)見ない方がいい」なんて発言も。


 

現実とドラマはたいてい違うものです。

就活生の皆さん、よく考えて就活頑張ってください!

 

ソース:NEWポストセブン

こちらの記事もどうぞ