みなさん、ご存知でしたか?
 実は、今年、日本にタクシーが登場してから、ちょうど100年の年なんです。
                       
 そして近年、そのタクシーのサービスが、どうやら、多様化してきている模様。いくつか例を挙げてみましょう。
                     
○その1「陣痛タクシー」
 都内最大のタクシー・ハイヤー会社である日本交通株式会社によるものです。出産予定日やかかりつけの病院、乗車場所などを事前登録します。すると、急に産気づいたとしても、大丈夫。電話一本で、すぐに病院まで送ってくれます。利用者は、すでに数千人にも及んでいるとか。ぜひ利用したいサービスですね。

 

 

 

 http://www.ecareer.ne.jp/upload/corp/photo_job/00010843008/4_5.jpg

○その2「キッズタクシー」
 これもまた同じ会社のサービス。事前登録をすることにより、利用できます。子供に現金を持たせずにすむ支払方法があったり、チャイルドシートを準備してくれたりするそうですよ。
 経験豊富なドライバーさんが運転してくれるということで、安心して子供を任せることができそうです。

○その3「観光タクシー」
 時間制の料金で、観光スポットを巡ってくれるサービス。全国的にあるサービスです。旅行等で、知らない場所に行くと、道に迷うことがありますが、これなら大丈夫ですね。
 それだけではありません。料金はお得だし、地元の人しか知らない穴場スポットにも、連れて行ってもらえたりするそうですよ。
 ちなみに、http://www.taxisite.com/sig/guide/merit.aspxでは、観光タクシーの利便さが、マンガで解説されています。

 これらの他にも、「介護タクシー」や「自転車搭載サービス」、「定期券」、「学割定期券」、「和服割り引き」、「高齢者割り引き」等、いろいろあります。

 あなたは、どれを利用してみたいですか?

 
情報:http://netallica.yahoo.co.jp/news/300292
   http://www.taxisite.com/ser/

                                                              

投稿者: 奏音

このあいだ、本を大量購入しようとしたら、レジの店員さんに嫌そうな顔をされました。 購入した本を家に配送してもらうことにすると、余計に迷惑そうな顔をされました。 配送のために、住所と名前を書く紙を渡されましたが、ペンは貸してもらえませんでした。 2014/3/5:卒業